レッドチェストナット RED CHESTNUT (ベニハナトチノキ)

今のあなたの気分や感情が・・・・

身近な人、 大切な人、気にかけている人の、健康や安全が、
心配で心配でたまらない。
最悪の事態を心配したり・・・・

人を思うと、想いにエネルギーが入ります。心配することは、そのエネルギーは不安、心配が一杯、相手にもそれが伝わります。。

これってされる側はどうでしょうか?相手はたまりません。

こんな心配のエネルギーを与えることは、相手の成長、自立回復エネルギーをそぐことにもなるのです。

余談 バッチ博士が38種類のバッチフラワーを見つけている時期、バッチ博士は手を怪我したときがありました。すると周りの人の過剰な心配が博士に重くのしかかったことがあり、次に見つけるバッチフラワーレメディは、『身近な人への心配し過ぎ』だとして、バッチフラワーレメディ、レッドチェストナットが誕生したのです。

そんな感情を解決したいときには・・・・

バッチフラワーレメディ『レッドチェストナット』がおすすめです。
心配が信頼に変わります。
相手の成長、自立回復力を信じることができるでしよう!
相手が本当に必要としているとき、手を差し伸べることができる、信頼関係で結ばれた相手とのよい距離がわかるのです。
人への想いはエネルギーです。相手の力を信じる想いこそが、相手を応援すエネルギーになり、応援しあえる信頼関係を築いていけるのです。

レッドチェストナットのお花

レッドチェストナットは日本名ベニバナトチノキと呼ばれています。
実は2つのトチノキ間の雑種の木 (ハイブリッド)なのです。その2つとは、

① 花色が赤の「アメリカ紅花トチノキ」
② 花色がクリーム色で少しピンクが混ざる、
「西洋トチノキ(マロニエ、ホワイトチェストナット)」です。
西洋トチノキより華奢ですが、かなり大きい街路樹です。レッドチェストナットの花色は、最初はクリーム色で、すぐに 赤い斑点のあるピンク色になります。

サロンドKは、千葉県佐倉市を中心に、バッチフラワー入門講座、バッチ国際教育プログラム講座を開催しています。

« »