あなたの知らない関係 バッチフラワー vs ペット

バッチフラワーレメディがペットに使えるのはご存知でしょうか?

バッチフラワーは感情に穏やかに働きかけ、バランスを整えてくれます。

実はバッチフラワーはペットの感情にも働きかけ、ペットにも使えるのですよ。   何故かというと、動物にも豊かな感情生活があり、 その動物の性質、飼い主とのかかわり、 環境、他の動物との関わりの中で、人に負けないほどの感情があるからです。

サロンドKは、大阪枚方を中心に、バッチフラワー講座を開催しています。

愛犬、愛猫が感情をむき出しにしていることがありますね!

いらいらする、自信をなくす、緊張する。  吠えるなどの攻撃体制一つを取っても、

その内面には恐れがあったり、トラウマがあったりするものです。

いつもそばで癒してくれているペットがそんなとき、   バッチフラワーでペットを癒すことができるのですよ!

サロンドKは、大阪枚方を中心に、バッチフラワー講座を開催しています。

動物は人よりシンプル

ですから、 一般的に人間よりも早く効果が現れます   動物の感情にも働きかけることは、 バッチフラワーレメディがフラシボーではないことがわかります。

花のエネルギーで自然由来の安全なものですから、  間違ってとっても作用しないだけで大丈夫ですし、他のどんな療法とも併用できます。   ですから、効果を感じる獣医さん、しつけ教室のトレーナーの中には、バッチフラワーを活用されている方もいらしゃいます。
もしご家庭でご自分で癒そうと思われたときは、   感情面においてもつながり深く、互いに影響しやすいことから、 飼い主様と一緒に使っていただく事で、よりいっそうの効果が期待されます。

そんなときレメディを選ぶのに役立つ本をご紹介しておきます。
ペットを癒す花療法―バッチ博士のフラワーレメディ/中央アート出版社
サロンドKは、大阪枚方を中心に、バッチフラワー講座を開催しています。

家族と一緒よと思われている、ペット愛好者からの、  ペットに使えるようにとの熱い要望に応え、出版された待望の書です。

あなたはペットの感情がわかりますか?

「かみなりを怖がっている愛犬に、ミムラスの入っている水と普通の水の両方をおいておいたのよ。。。   すると、ミムラスの方ばっかり飲むのよ!普通の水には見向きもせず。。。」
バッチフラワーレメディを愛犬に使っている方が、実際に体験されたお話です。
愛犬は、自分で必要としている花のエネルギーがわかるのかもしれませんね!

ペットの感情とバッチフラワーを動画でもご覧ください。

« »